CakePHPインストール

ベトナム語を勉強しながら、使いたいツールがありますが、
検索して発見できなかったので、今回は自分で作ってインターネットで共有しようと思います。
現在借りているブログのサーバはPHPとMySQLが使えるので、 PHPで作ることにしました。
せっかくの機会なので、PHPのフレームワークも勉強して、スキルを磨こうと思います。

まずはCakePHPをローカルにインストールしてみます。
インストール後のエラーなども解決しました。

1.フレームワークをダウンロードします

CakePHPのサイトからcakephp-2.4.10.zipをダウンロードします。
(2014年7月7日時点での安定版は2.4.10、3.0.0はまだアルファ版。)

2.ファイルを解凍し、サーバに入れます

Windowsなので、便利なXAMPPを使っています。Mac OSなら、MAMPですね。
ファイルをサーバに入れてからすぐに使えます。
XAMPPなら<xampp>/htdocsフォルダに入れます
XAMPPのコントロールパネルでApacheを起動し、下記のアドレスにアクセスしたら、CakePHPのページが見えるはずです。

http://localhost/cakephp-2.4.10/

CakePHP  the rapid development php framework  Home
見れるようになったけど、エラーと警告があるので、一つずつ解決します。

3.Security.saltとSecurity.cipherSeedの変更

まずは上から二行の赤いエラー。
Notice (1024): Please change the value of ‘Security.salt’ in APP/Config/core.php to a salt value specific to your application. [CORE\Cake\Utility\Debugger.php, line 845]
Notice (1024): Please change the value of ‘Security.cipherSeed’ in APP/Config/core.php to a numeric (digits only) seed value specific to your application. [CORE\Cake\Utility\Debugger.php, line 849]
指示通り、CakePHPのフォルダの中のファイルAPP/Config/core.phpの
「Security.salt」と「Security.cipherSeed」の値を変更します。

/**
 * A random string used in security hashing methods.
 */
	Configure::write('Security.salt', 'DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9mi');
	//DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9miを変更します。
	//A random stringなのでランダムの文字列で良いでしょう。

/**
 * A random numeric string (digits only) used to encrypt/decrypt strings.
 */
	Configure::write('Security.cipherSeed', '76859309657453542496749683645');
	//76859309657453542496749683645を変更します。
	//A random numeric stringなので、ランダムの数字列で良いでしょう。

変更して保存し、もう一回http://localhost/cakephp-2.4.10/にアクセスしたら、
上から赤い二行のエラーがなくなりました。

4.database.phpファイルを作る

次の黄色い警告を解消します。
Your database configuration file is NOT present.
Rename APP/Config/database.php.default to APP/Config/database.php
「データベースの設定ファイルが無い」
「APP/Config/database.php.default」を「APP/Config/database.php」に改名しなさい。
まず、database.php.defaultをコピー・database.phpに改名します。
してみたら、下から二行の赤いエラーが無くなって、黄色いメッセージも変わりました。

  • まずは黄色いメッセージ:
    CakePHP is NOT able to connect to the database.
    Database connection “Mysql” is missing, or could not be created.

    • データベースに接続できないそうです。database.phpはまだ修正していないので。
  • 次は消えた下の赤いエラー:
    Warning (2): include_once(C:\xampp\htdocs\cakephp-2.4.10\app\Config\database.php): failed to open stream: No such file or directory [CORE\Cake\Model\ConnectionManager.php, line 67]
    Warning (2): include_once() [function.include]: Failed opening ‘C:\xampp\htdocs\cakephp-2.4.10\app\Config\database.php’ for inclusion (include_path=’C:\xampp\htdocs\cakephp-2.4.10\lib;.;C:\xampp\php\PEAR’) [CORE\Cake\Model\ConnectionManager.php, line 67]

    • database.phpが読めないエラーだそうです。database.phpが作ったので無くなったのは正常でしょう。

5.database.phpの修正・DB接続変数の書き込み

database.phpの接続するための変数を修正します。

	public $default = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',      //Mysql,Sqlite,Postgres,Sqlserverにサポートしています。
		'persistent' => false,     //接続が持続であるかどうか
		'host' => 'localhost',     //データベースのホスト名
		//'port' => 'localhost',     //接続ポート
		'login' => 'user',      //ユーザ名
		'password' => 'password',       //パスワード
		'database' => 'database_name',      //データベース名
		'prefix' => '',      //PostgresとSqlserver場合が必要で、Postgresの場合はデフォルトでpublicになります。
		//'encoding' => 'utf8',
	);

ローカルでテスト用のデータベースを作ってdatabase.phpを修正します。

public $default = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => '127.0.0.1',
		'login' => 'cakeuser',
		'password' => 'cake',
		'database' => 'testcake',
		'prefix' => '',
		'encoding' => 'utf8',
	);

CakePHP  the rapid development php framework  Home

6.DebugKitの導入

最後の一つの黄色いメッセージです。
DebugKit is not installed. It will help you inspect and debug different aspects of your application.
You can install it from GitHub
デバッグキットがインストールしていないようです。
https://github.com/cakephp/debug_kitにアクセスし、右下の「Download ZIP」でダウンロードします。
ZIPファイルを/app/Pluginの直下に解凍します。フォルダ名をDebugKitに変更し、/app/Plugin/DebugKitのようになります。
/app/Config/bootstrap.phpの下記コードを解放します。

CakePlugin::load('DebugKit');

以上で、全部緑色になりました。
CakePHP  the rapid development php framework  Home

ローカルで設定済みのファイルをさくらのレンタルサーバにアップロードすればいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>