CodeIgniterのインストール

CodeIgniterをインストールしてみました。

ダウンロード

http://ellislab.com/codeigniter
公式のサイトから最新バージョンのフレームワークをダウンロード。
(2014年7月8日時点の最新は2.2.0)

サーバに入れる

こちらの場合はXAMPPで検証しているので、<XAMPPのフォルダ>/htdocs/です。
入れてからCakePHPと同じようにすぐにアクセスできます。

http://localhost/CodeIgniter_2.2.0/

Welcome to CodeIgniter

URLのindex.phpを隠す

ページ上の下記説明から今表示されているページはapplication/controllers/welcome.phpです。

The corresponding controller for this page is found at:
application/controllers/welcome.php

実はhttp://localhost/CodeIgniter_2.2.0/index.php/welcomeもこのページです。
index.phpはエントリページなので、index.phpを隠すために:

下記内容でCodeIgniter_2.2.0直下に.htaccessを作って書き込みます。
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on

#日本語のユーザガイドにはないですが、母国語のガイドにはある。
#下記二行がないと、cssとjsファイルが正常に導入できなくなるおそれがあるようです。
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
 
RewriteCond $1 !^(index\.php|images|robots\.txt)
RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]
</IfModule>

最後に.htaccessが作られたので、apacheを再起動します。

上記のindex.phpを消す設定が効かない場合は:
Apacheのmod_rewriteモジュールが無効されているかもしれない。
apacheのconf/httpd.conf設定ファイルで、下記の行のコメントを解除してください。
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

MAMP使用の場合確認したほうがいい設定

/Applications/MAMP/bin/php/php5.5.3/conf/php.ini
上記ファイルの
opcache.revalidate_freq=60
60を1に変更したほうがお勧めです。
60のままだと、開発時、更新がすぐに反映されないです。

以上で完了です。
CakePHPもインストールしてみたので、
ファイル数で比べてみたところ、

  • CakePHP:1000+ファイル以上
  • CodeIgniter:189ファイル(user_guideフォルダ削除後)

CodeIgniterのほうがかなり少ないので、使いやすい印象を受けます。
ドキュメントもCodeIginiterのほうが読みやすいので、
今回はCodeIgniterを続けて勉強することにしましょう。
(何より、CodeIgniterは母国語の無料ビデオ講座があります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>