cocos2d-x 3.2をMacにインストール・iOSプロジェクト作成・HelloWorld実行

cocos2d-x 3.2インストール

公式サイトからzipファイルをダウンロードし、解凍する。
僕が使用しているのはcocos2d-x 3.2です。
MacではPythonが自動インストールされたので、次はインストールに入ります。

まずはターミナルで、setup.pyでcocos2d-xをインストールします。
ダイアログはAndroid関連なので、Enterキーでごまかす。

/~~ディレクトリ~~/setup.py

スクリーンショット 2014-09-25 23.44.44

最後の一行のヒントのように下記のコマンドをターミナルで実行します。
環境変数などを保存するためです。

source /~~ディレクトリ~~/.bash_profile

これまでインストール終了。

プロジェクト作成

下記の条件でプロジェクトを作成します。

  • プロジェクト名:TestGame
  • 組織(-p):com.harukomugi
  • 言語(-l):C++
  • ディレクトリ(-d):/~~ディレクトリ~~/TestGame/
cocos new TestGame -p com.harukomugi -l cpp -d /~~ディレクトリ~~/TestGame

スクリーンショット 2014-09-25 23.45.51
作成されたプロジェクトのプログラムは/~~~~/TestGame/TestGame/に入れられています。
二重になってしまうが、僕の習慣で/~~~~/TestGameはドキュメント保存に使います。

HelloWorld

(環境はXcode 6.01)
作成されたプロジェクトからHelloWorldを実行します。
スクリーンショット 2014-09-26 0.44.45
xcodeprojファイルからプロジェクトをXcodeで開きます。
そのまま実行ボタンを押し、コンパイルは少し時間がかかります。
スクリーンショット 2014-09-25 23.43.51
コンパイル後HelloWorldアプリが表示されます。
スクリーンショット 2014-09-25 23.46.42

本来はiPhoneアプリを作りますが、
毎回iPhoneシミュレーターを起動するのが時間かかりますから、
Macプログラムに変更して、すぐに表示できます。
勉強段階でテストするなど、Macに変更したほうがいいかも。
スクリーンショット 2014-09-25 23.53.54

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>