MQLの勉強メモ (4) 常用関数

数学関数

算数関数

double MathAbs(double) 絶対値
double MathCeil(double) シーリング(上の整数)
double MathFloor(double) フロア(下の整数)
double MathRound(double) 四捨五入
double MathMax(double, double) 最大値
double MathMod(double, double) 除算剰余
double MathPow(double, double) 冪乗
MathAbs 四捨五入

三角関数

double MathSin(double) サイン
double MathCos(double) コサイン
double MathTan(double) タンジェント

文字列関数

bool StringAdd(string, string) 連結。第一引数に引用参照で追加
int StringConcatenate(string, void, void …) 連結。第二引数から連結、第一引数に保存し、長さを返す
int StringFind(string, string, int) 検索。(引数:文字列、検索内容、開始位置)
int StringReplace(string, const string, const string) 置換。(引数:文字列、置換元、置換先)
int StringSubstr(string, int, int) サブ文字列。(引数:文字列、開始位置、長さ)
int StringLen(string) 長さ。

日時関数

datetime TimeCurrent([MqlDateTime]) 最後の取得したサーバ時刻
datetime TimeTradeServer([MqlDateTime]) 取引サーバの時刻
datetime TimeLocal([MqlDateTime]) パソコン時間
datetime TimeGMT([MqlDateTime]) GMT時刻
void TimeToStruct(datetime, MqlDateTime) 時刻型変換。第二引数の構造体に保存する。
datetime StructToTime(MqlDateTime) 時刻型変換。時刻型を返す
int Day、Month、Year() 現在の月の日を返す。
int DayOfWeek() 現在の曜日を返す。「0日1月・・・6土」
int Hour、Minute、Seconds() 時、分、秒を返す。

変換関数(データ型と文字列の相互変換)

string CharToStr(int) 文字=>文字列
string DoubleToStr(double, int) 指定精度で小数点=>文字列
datetime NormalizeDouble(double, int) 指定精度で小数点を丸める
double StrToDouble(string) 文字列=>小数点
int StrToInteger(string) 小数点=>整数
datetime StrToTime(string) 文字列=>時刻。「”yyyy.mm.dd [hh:mm]”」
string TimeToStr(datetime, TIME_DATE|TIME_MINUTES) 指定精度で時刻=>文字列。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>