MQLの勉強メモ (6) MT4歴史データのダウンロード

1.チャートのティック数を設定する

[Tools] -> [Options]
スクリーンショット 2014-10-04 19.04.23

[Options]で[Charts]タブを選択し、[Max bars in history]と[Max bars in chart]を最大(9999….)に設定する。
スクリーンショット 2014-10-04 19.04.55
[OK]をクリックし、もう一度確認すると、最大数になりました。
スクリーンショット 2014-10-04 19.05.07

2.1分足チャートを追加し、更新する

チャートに右クリックし、[Refresh]をクリックします。
スクリーンショット 2014-10-04 19.10.04

3.歴史データをダウンロードする

[Tools] -> [History Center]
スクリーンショット 2014-10-04 19.11.34
対象通貨ペアの1分足データを選び、[Download]をクリックする。
ダウンロードに時間がかなりかかります。
そして、FX業者のサーバによって、歴史データの価格と期間が違います。

4.1分足以外のデータを生成する

バックテストには他の分足チャートも必要なので、他の分足をダブルクリックして、自動で生成されます。
スクリーンショット 2014-10-04 19.18.03

これで、EAバックテストに使う歴史データのダウンロードが完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>