MQLの勉強メモ (13) チャートの価格情報を取得

すでに予約変数と予約関数で一度価格情報の取得方法を勉強しました。
今回は改めて関数でEAの稼働チャート外の価格情報の取得方法を勉強します。

まずは予約変数を貼っておきます。

予約変数

変数

  • Ask:買値
  • Bid:売値
  • Bars:チャートでのバーの数

配列

  • High[]:最高値の直列配列
  • Low[]:最安値の直列配列
  • Open[]:始値(寄り付き)の直列配列
  • Close[]:終値の直列配列
  • Volume[]:出来高(ティック数)の直列配列
  • Time[]:日時の直列配列

その他

  • Digits:価格の小数点以下の桁数
  • Point:相場流通での小数点値

時系列アクセス関数

価格情報

引数:(string 通貨ペア, int 足周期, int シフト)

  • iOpen
  • iClose
  • iHigh
  • iLow
  • iTime
  • iVolume

チャート関連情報

  • iBars(string 通貨ペア, int 足周期):指定したチャートのバー数
  • iBarShift(string 通貨ペア, int 足周期, datetime 開始時間, bool 精確[false]):開始時間でシフトを検索
  • iHighest(string 通貨ペア, int 足周期, int 種類, int 範囲, int 開始シフト):最高値
  • iLowest(string 通貨ペア, int 足周期, int 種類, int 範囲, int 開始シフト):最低値

配列の複製

引数:(string 通貨ペア, 足周期, int 開始, int 複製数, double/long/datetime/MqlRates)

  • CopyOpen
  • CopyClose
  • CopyHigh
  • CopyLow
  • CopyTickVolume
  • CopyTime

価格情報の更新

bool RefreshRates();
計算時間が長いEAに必要な関数です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>